職業

職業

職業には主職業と副業があり、一つのキャラクターに二つの職業が選択できます。

  種類
主職業 戦士 剣闘士 盗賊 聖職者 魔法使い  
副業 戦士 聖職者 裁縫士 鍛冶屋 錬金術師 バード

主職業によって選べる副業は決まっています。

主職業 選択できる副業
戦士 盗賊 錬金術士 聖職者 裁縫士 鍛冶屋 バード  
剣闘士 戦士 盗賊 裁縫士 鍛冶屋 バード    
盗賊 戦士 錬金術士 聖職者 裁縫士 鍛冶屋 バード  
魔法使い 戦士 盗賊 錬金術士 聖職者 裁縫士 鍛冶屋 バード
聖職者 戦士 盗賊 錬金術士 裁縫士 鍛冶屋 バード  


職業の特技

[主職業の特技] + [副業の特技]=[キャラクターの特技]
主職業と副業の両方のスキルを使えるようになります。

職業 キャラクターの特技(スキル)
戦士 メイス 素手 回避    
剣闘士 メイス 素手 暗殺 回避  
盗賊 暗殺 回避 ワナ発見 解体 煙幕 プッシュ
魔法使い 素手 火炎魔法 冷凍魔法 援護魔法      
聖職者 メイス 援護魔法 聖魔法        
錬金術士 錬金術 応急措置        
裁縫士 服製作 服修繕        
鍛冶屋 メイス 武器製作 武器修理        
バード          


職業データ

HP(生命力)、MP(マジックポイント)、SP(体力)、HC(武器攻撃命中率)、DC(回避力)はレベルが上がるごとに上昇します。
選んだ職業によっての上昇率が違います。
下の表は1レベルごとの上昇ポイントを職業別にまとめています。

職業 HP上昇値 MP上昇値 SP上昇値 HC上昇値 DC上昇値
戦士 2~3 1~2 1~3 1 1
剣闘士 2~3 1~2 1~3 1 1
盗賊 1~3 1~3 1~3 1 1
魔法使い 1~2 2~3 1~2 0,75(※) 0,75(※)
聖職者 1~3 1~3 1~3 0,75(※) 0,75(※)

(※)魔法使いと聖職者は、副業に戦士か盗賊を選ぶとHC、DCの上昇率が1になります。


職業の特徴


職業 特徴
戦士 剣のスキルがあるので人気があります。
戦士だけの特殊特技のスラッシュが使えます。
他のどの副業とも合うので戦士を主職業にすると初心者には使い易く、育て易いです。
剣闘士 剣闘士なのになぜか片手剣が使用できません。
しかし戦士に無い槍と暗殺があります。
聖職者と錬金術士を副業に選ぶことはできません。
剣闘士だけの特殊特技のサクリファイスが使えます。
盗賊 盗賊にしか使えない罠発見・除去、煙幕、プッシュがあります。
主職業にすれば初期設定パラメーターが無いので、どのようにも育てられる職業です。
魔法使い 三種の魔法が使えてとても頼もしい職業です。
ある程度レベルが上がれば狩りも楽になります。
育てる際には火炎か冷凍のどちらを強くするか決めた方がいいと思われます。
聖職者 聖魔法と援護魔法が使えます。
パーティーでも回復・復活・援護魔法とサポート抜群職業です。
聖魔法の攻撃は弱いので、初心者は聖職者を主職業にするのは難です(魔法使いならOK)。
錬金術士 錬金術で生成した薬は店売り品よりも性能が高いので役に立ちます。
応急処置という他のキャラクターを回復・復活できる特技もあるので意外と活躍できる職業です。
裁縫士 服を製作・改造できます。製作した服を作っては売るという方法でお金も貯められます。
改造もできるようになればお金もさらに貯める事ができると思われます。
鍛冶屋 武器を製作・改造できます。製作した武器を作っては売るという方法でお金も貯められます。
改造もできるようになればお金をさらに貯める事ができると思われます。
バード 非常に重宝される歌の特技を使えます。ただし、歌いながら攻撃はできません。
うまく育てればずっと歌うこともできます。


主な職業の組み合わせ

ガディウス内でよく選択されている職業を紹介します。
あくまで個人的見解ですので、自分に合う職業を探してみてください。


戦士系


剣闘士+戦士 or 盗賊

純戦士と呼ばれる。回避力、HPに優れ、必殺技のスラッシュ、サクリファイスが生命線。
対モンスター:ソロがしやすい。パーティでは硬さと立ち回りがものをいう。
対PC:操作が割りと簡単。タイタンチャージや必殺技を駆使して戦う。

剣闘士+バード

回避力、HPに優れ、バードの歌が使用可。しかし、MPの上昇率が悪いため歌の持続時間は短い。
対モンスター:ソロがしやすい。1パーティーに1バード。
対PC:PvPにおいて欠かせない職業。一人で多くのキャラクターに影響を及ぼす。

盗賊+バード

回避力に優れ、MP上昇率が高いので歌の持続時間が長い。HPで剣闘士に劣る。
対モンスター:ソロは可能。1パーティーに1バード。
対PC:PvPにおいて欠かせない職業。一人で多くのキャラクターに影響を及ぼす。

戦士+聖職者

回避力、HPに優れ、聖職者の魔法も使用できる優れた職業。人気も高い。MPの上昇率が低いのが弱点。
対モンスター:ソロがしやすい。パーティーでは壁役として重宝される。味方援護が中心。
対PC:PvPにおいて欠かせない職業。Lv67(INT15)でリザレクトが安定する頃から楽しくなる。
高レベルになるほどMPの低さの不利は薄れ、HPの高さが有利となる。

聖職者+戦士

回避力に優れ、MPの上昇率が高い。HPでは[戦士+聖職者]に劣る。
対モンスター:パーティーでは壁役と味方援護が中心。
対PC:PvPにおいて欠かせない職業。
高レベルになるほどMPの高さの優位は薄れ、HPの低さがネックとなる。


魔法使い系


魔法使い+戦士 or 盗賊

回避魔と呼ばれる。攻撃&援護魔法が使え、高い回避力も合わせ持つ優れた職業。人気も高い。
対モンスター:ソロは可能だが厳しい。パーティーでは攻撃力の要。
対PC:PvPにおいて欠かせない職業。攻撃の要。

魔法使い+聖職者

全ての魔法が使える芸達者。HP,回避力が共に低く、タイタンチャージで避難もできないため、脆く、死にやすい。使いこなすのが難しい。
対モンスター:パーティーでは味方援護も攻撃役もこなせて需要は大。しかし自分の脆さを自覚して死なないことが大事。
対PC:とにかく死にやすいので厳しい。上手く立ち回れば・・・。


生産系


戦士+錬金術師

オイル系の薬を作って自活できるため、初心者にオススメの職業といわれる。

剣闘士 or 魔法使い+裁縫士 or 鍛冶屋

ソロ中心なら剣闘士、パーティー中心なら魔法使いが有利。
生産スキルと戦闘スキルを並行して上げながら育てるのは非常に困難なので、戦闘スキルのみ上げながら目標とするレベルまで育て、力の玉初期化で生産スキルを上げる方法が主流。
AG1以降、生産スキルの上限が26(AG1)~30(AG9)まで上がっていくので、レベル99以下のキャラクターとAGのキャラクターとでは、武器や服の+4以降の改造の成功確率に大きな差がある。


  • 最終更新:2011-01-03 14:18:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード